予約なしでも近隣駐車場に停められるのか
2017.05.23

黄色い車

結論からすると、年末年始やゴールデンウィーク、お盆の頃を除けば、停められます。また、こうした時期も、予約なしでは全く停められない、ということはありません。成田空港周辺には、民間駐車場や格安の駐車場が、たくさんありますので、探せばどこか停められるはずです。ただし、予約なしの場合は、どこも1日分の駐車料金程度を割増金として取るようですので、予約をした方が、だんぜんお得です。
さらに、予約なしで駐車場に入れる際には、次のような問題が生じる場合があります。
駐車を受け付けてもらってから、初めて料金システムや送迎のシステム、預けた車の損害補償の範囲など、様々な説明を聞くことになります。特に、到着の日時については、十分に打ち合わせておかないと、たくさんの荷物をかかえて、到着口は出たものお迎えのバスもマイカーもないことになって大変です。そのためにも、十分納得するまで話し合っておくことです。しかし、出発までの時間は、大丈夫でしょうか。
通常、予約していても、諸手続や会計、空港までの送迎等に30~40分は要するとされています。さらに、空港についても降車場から第一ターミナルまで徒歩約10分、第二ターミナルビルが徒歩約5分、第三ターミナルビルでは、徒歩約10分の上に、連絡バスでの移動が約5分と、文字通り分秒刻みで、出国までの諸手続等が進行すると同時に、時間も経過します。出国の手順に慣れていれば別ですが,初めての海外旅行だったり、成田からの出国は初めてであったりしたら、あせりも出て、十分に説明を聞けない心理状態だろうと思われます。話半分で、搭乗しなくては間に合わないといった場面も出てくるかと思います。
そうならないためにも、前もって予約をし、一連のシステムの説明や確認事項、当日持参するものといったことを済ませておけば、ゆっくりとした気分で出国手続きに向かえます。
また、国際線には、延着がつきものです。延着の際には、最大、何分まで待機してくれるのか。駐車場の事務所に帰ってしまっている場合には、どうすればいいのか。延着による到着時間の変更が、数回に及んだ場合には、その都度、送迎に来てくれるのか。万一、成田空港が使えず、代替えの羽田空港に着陸した場合にはどうすればいいのか。延着が深夜に及んで、営業時間を過ぎてしまった場合にはどうすればいいのか。等々、聞いておきたいことは、たくさんあります。
第一、出発時間をにらみながら、あせる心で慣れない土地の駐車場を探してまわるのは、事故を誘発する恐れもあります。割増金も取られた上に、間に合うかどうかハラハラしなければいけないのは、どう考えても割に合いません。
ネットなどで調べて、近隣の格安の駐車場を確保しましょう。

▲ ページトップへ